仮にあなたがこれから何かネットビジネスの展開を考えているとしましょう。

 

ビジネスの種類は問いません。アフィリエイトでもかまいませんが、何をするにしてもSEO対策などの前に準備する必要あるもの、それが「記事=コンテンツ」です。

 

最近ではコピペなどのない、クオリティーの高いものが求められています。

WEB上の記事のクオリティーとはなんでしょうか?

 

たとえば、あなたがこれからサイトを100立ち上げるとしましょう。いえ、最初は10サイトかもしれません。そのサイトが集客目的のランディングページやサテライト用のブログ記事でも、問われるものは「記事の質」です。

 

誰にとってのクオリティーでしょうか?

 

もちろん読者も大切ですし、もし商品を販売するのであれば購買者もとても大切です。ただし、どんなにいい商品やサービスを提供しても、あなたのサイトそのものが検索されなければ収益は見込めません。

 

そのためには検索エンジンであるグーグルなどに「内容のあるいいサイト」だという評価を受ける必要があります。このような会社が認めたサイトであれば、関連キーワードで検索すれば上位に表示されるようになります。

 

この部分はものすごく簡潔に書いていますので、SEOやマーケティングに関しては自分で勉強してみましょう。

 

さてくクオリティーの高い記事とはどのようなものを言うのでしょうか?
1)オリジナルコンテンツでコピペされたようなものではない
2)文章の流れがスムーズで読みやすくまとめられている
3)複数の記事のコンテンツをみても、似たようなサイトからコピーしていない

 

この中でも重要なのはやはりコピペの部分でしょう。検索エンジンでは、自動的に似たような内容のコンテンツがないかをチェックします。

コピペ記事だと判定されるとその記事の価値はなくなります

 

たとえ言葉だけをうまく言い換えていても、1つの記事、あるいはサイト全体が別のものと非常に似通ったものであれば「コピペサイト」と判断されてしまう危険があります。

 

そうなるとサイトそのものが消滅してしまう危険すら出てきます。

 

多くの記事を一つずつチェックしても、それがコピペされたものであるかどうかの判断は簡単ではありません。最低限のコピペチェックをするためのツールやソフトは、自分のビジネスを守るために絶対に必要なものだと言い切ることができます。

 

そのコピペが意図的であろうとなかろうと、あなたのビジネスの大きな障害となることに間違いありませんので。

 

とくにこれまで取引のない外注先や個人ライターにコンテンツを依頼する場合、その危険は最初から考慮しておくようにしましょう。

コピペチェックツールの決定版