コピペチェックツールがいま注目をあびています。

 

特にサイトオーナーにとって、外注ライターによるコピペ記事が死活問題となりかねません。

 

Googleによるペナルティで、サイトが圏外に飛ばされてしまう可能性があるからです。

 

コピペチェックツールはホームページを運営するすべての人が1つは持っていなければならない、必須ツールといってもいいでしょう。

簡単にホームページが作れる時代の新たな問題

誰もが簡単にホームページを作ることができる時代になりました。

 

ワードプレスなどの性能のいいCMSが登場したおかげで、HTMLなどの知識がまったくなくても、サイトオーナーとして自分のホームページを持てるようになったのです。

 

それに伴って、コンテンツの作成を代行する記事作成代行会社もどんどん増えていきました。

 

文章を書くことが苦手な人にとって、これは救世主的なサービスであると感じたことでしょう。

 

しかし、そこに新たな問題が発生しました。いわゆるコピペの問題です。

 

記事を書くのが面倒になったライターが、他人のサイトからコピペで記事をパクリ、平気でクライアントに納品するようになったのです。

 

コピペは明らかに著作権法に違反する行為ですし、倫理的にも許されることではありません。

本当にコピペが怖いのはGoogleのペナルティ

さらに著作権に関すること以上に深刻な問題となるのが、Googleによるペナルティの問題です。

 

他のサイトからコピペしたパクリ記事がアップされているのをGoogleに捕捉されれば、間違いなくインデックス削除などの重いペナルティを受けることになります。

 

まさか自分が使っている外注ライターや記事作成代行会社がコピペ記事を納品しているなどとは夢にも思わないサイトオーナーは、自分のサイトがGoogleからペナルティを受けた原因がまったく分からずに、首をひねることになります。

 

「自分が使っているライターがコピペなんかするはずがない」

 

多くのサイトオーナーはそう思っていることでしょう。

 

しかし、人間不信になるかも知れませんが、外注のライターはかなりの確率でコピペをします。

 

どんなに誠実そうにみえる人でも、魔がさすことがあるのです。人間というのは弱い生き物なので、時間に追われるとつい面倒になってコピペをしてしまうのです。

 

しかし、そのために、自分のサイトがGoogleにペナルティを受けたのでは、たまったものではありません。

コピペチェックツールが必須の時代

外注のライターに記事を発注しているサイトオーナーにとって、これからはコピペチェックツールが必須のアイテムとなることでしょう。

 

コピペチェックツールを使わずに、外注のライターから納品された記事をそのままサイトにアップする行為というのは、質屋が真贋の鑑定をせずにブランド品をそのまま買い取ってしまうくらいリスクの高いことと言えます。

 

サイトオーナーであるあなたは、大切な自分のサイトを守るために、コピペチェックツールを手元においてすべての記事のチェックするようにして下さい。

 

それ以外に、コピペによるGoogleのペナルティから、あなたのサイトを守る方法はありません。

 

しかし、コピペチェックツールと言っても、さまざまな商品が市場に出回っていますので、多くの人はどの商品を選んだらいいのかわからないことでしょう。

 

当サイトでは、それらのツールの中から、本当に使えるコピペチェックツールとはどういたものなのかについて、いろいろな検証結果を踏まえて詳しく解説しています。

コピペチェックツールの決定版